「アントン・チェーホフ」の名言

アントン・チェーホフの名言


アントン・チェーホフ

[1860.1.29 - 1904.7.15]

ロシアの小説家、劇作家。近代演劇を完成させた劇作家、多くの優れた短・中編を遺した小説家として知られる。大げさな物語展開を排しつつロシア社会の暗い面を虚無的な哀愁をもって批判的に描きながらも、同時に密やかで芯のあるヒューマニズムによって希望を感じさせる作風を持つ。著書は『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』『かわいい女』『犬を連れた奥さん』『ともしび』『谷間』『六号病棟』『退屈な話』『ねむい』『曠野』『カシタンカ』『ユモレスカ』『妻への手紙』等。

 



 

The role of the artist is to ask questions, not answer them.

 

芸術家の役目とは、問いを投げかけることであって、それに答えることではない。


(タグ:芸術 問い 答え



    




Man is what he believes.

 

信じるところのものこそ、その人なのである。


(タグ:人間



    




Although you may tell lies, people will believe you, if only you speak with authority.

 

威厳を持って語りさえすれば、たとえ嘘をついたとしても、人々は信じるだろう。


(タグ:態度 



    




If you are afraid of loneliness, do not marry.

 

孤独が怖いのであれば、結婚はするな。


(タグ:結婚



    




A good upbringing means not that you won't spill sauce on the tablecloth, but that you won't notice it when someone else does.

 

育ちの良さとは、テーブルクロスにソースをこぼさないということでなく、誰かがそうしても気にしないことだ。


(タグ:礼儀



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

本のセール情報は、コチラ(本日限定)

 



Only during hard times do people come to understand how difficult it is to be master of their feelings and thoughts.

 

辛い時期にのみ人は、自らの感情と思考とを使いこなすことがいかに難しいかを理解するようになる。


(タグ:思考 困難 理解



    




People who live alone always have something on their minds that they would willingly share.

 

一人暮らしをしている者はいつでも、心の中では何かを進んで分かち合いたいと思っているものだ。


(タグ:孤独



    




Dear, sweet, unforgettable childhood! Why does this irrevocable time, forever departed, seem brighter, more festive and richer than it actually was?

 

愛すべき、甘く忘れがたい子供時代よ。なぜ永遠に失われ取り戻すことのできない時間は、輝き華やいで、実際よりも豊かに見えるのだろうか。


(タグ:子供  時間 永遠



    




A nice man would feel ashamed even before a dog.

 

善人というのは、犬の前でさえ恥ずかしく感じてしまうものだ。


(タグ: 



    




I observed that after marriage people cease to be curious.

 

私は、結婚をすると人々が好奇心を失うのを見てきた。


(タグ:結婚



    




1 - 10 / 20件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ