「ジョージ・エリオット」の名言

ジョージ・エリオットの名言


ジョージ・エリオット

No compliment can be eloquent, except as an expression of indifference.

 

賛辞が雄弁なのは、無関心であることの表現であるときだけだ。



    




It is surely better to pardon too much, than to condemn too much.

 

非難しすぎるよりも、許しすぎる方がまちがいなくよい。



    




People are almost always better than their neighbors think they are.

 

人というのはおおよそ、周囲の人が思っている以上に優れているものだ。



    




One must be poor to know the luxury of giving.

 

与えることの贅沢さを知るためには、貧しくなくてはならない。



    




Those who trust us educate us.

 

信じてくれる人というのは、育ててくれる人だ。



    




The clergy are, practically, the most irresponsible of all talkers.

 

聖職者というのは、実際、あらゆる話し手の中でもっとも無責任である。



    




The troublesome ones in a family are usually either the wits or the idiots.

 

家族の厄介者は大抵、才人か馬鹿かだ。



    




           6