「ジョージ・エリオット」の名言

ジョージ・エリオットの名言


ジョージ・エリオット

Blameless people are always the most exasperating.

 

文句のつけようがない人というのは、だいたいもっとも腹立たしいものだ。



    




After all, the true seeing is within.

 

結局のところ、本当の視覚は内面にあるものだ。



    




When death, the great Reconciler, has come, it is never our tenderness that we repent of, but our severity.

 

大いなる調停者である死が訪れたとき、我々が悔いるのは、我々の優しさではなく厳しさである。



    




People glorify all sorts of bravery except the bravery they might show on behalf of their nearest neighbors.

 

人は、もっとも親しい隣人に代わって示すものを除けば、あらゆる勇気を称賛する。



    




The memory has as many moods as the temper, and shifts its scenery like a diorama.

 

記憶は、気分と同じくらいむら気があり、ジオラマのように景色を変えるものだ。



    




Nothing is so good as it seems beforehand.

 

前もって思っていたほどに、よいものなどは何もない。



    




             7  >