「ウォルト・ディズニー」の名言

ウォルト・ディズニーの名言


ウォルト・ディズニー

For every laugh, there should be a tear.

 

どんな笑いにも、涙があるはずだ。



    




I do not make films primarily for children. I make them for the child in all of us, whether we be six or sixty.

 

私は主に子供向けという映画は作らない。六歳だろうと六十歳だろうと、私たちすべての中にある子供のために作るのだ。



    




We like to have a point of view in our stories, not an obvious moral, but a worthwhile theme.

 

物語の中に、ある視点を持つのが好きだ。それは明白な教訓ではなく、価値のあるテーマである。



    




Fantasy, if it's really convincing, can't become dated.

 

ファンタージは、もし真に説得力のあるものなら、時代遅れになることはないものだ。



    




You don't work for a dollar - you work to create and have fun.

 

お金のためでなく、創造し、楽しむために働き給え。



    




I didn't treat my own youngsters like fragile flowers, and I think no parent should.

 

私は、子供たちをかよわい花のように扱ったりはしなかった。そして、どの親もそうすべきではないと考えている。



    




Do a good job. You don't have to worry about the money; it will take care of itself.

 

よい仕事をせよ。お金のことは心配するな。放っておいても何とかなる。



    




   2