「エドワード・ギボン」の名言

エドワード・ギボンの名言


エドワード・ギボン

[1737.5.8 - 1794.1.16]

イギリスの歴史家。古代ローマ帝国の衰亡を記述した歴史書の古典大作『ローマ帝国衰亡史』で知られる。著書は他に、『ギボン自伝』等。

 



 

History, which is, indeed, little more than the register of the crimes, follies, and misfortunes of mankind.

 

歴史とは、ただ人類の犯罪、愚行、災難の記録にすぎない。


(タグ:歴史 犯罪 人間



    




Corruption, the most infallible symptom of constitutional liberty.

 

腐敗は、憲法が保障する自由に付随するもっとも確かな症状である。


(タグ:自由



    




Wit and valor are qualities that are more easily ascertained than virtue, or the love of wisdom.

 

機知と勇気とは、知徳や知への愛よりも容易に確認できる資質と言えよう。


(タグ:勇気 英知 美徳 



    




Conversation enriches the understanding, but solitude is the school of genius.

 

対話は理解を深めてくれるが、孤独は天才の学び舎である。


(タグ:天才 会話 理解



    




The laws of probability, so true in general, so fallacious in particular.

 

確率の法則は、一般においては極めて真実であり、特定の場合においてはまったく当てにならない。


(タグ:真実 



    




The difference of language, dress, and manners . . . severs and alienates the nations of the globe.

 

言葉、服装、礼儀の違いが、地球上の国々を引き離し、遠ざけているのだ。


(タグ: 言葉 違い 礼儀



    




The winds and waves are always on the side of the ablest navigators.

 

風と波とは、つねにもっとも有能な船乗りたちに味方するものである。


(タグ:自然



    




1 - 7 / 7件

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ