「エリック・ホッファー」の名言

エリック・ホッファーの名言


エリック・ホッファー

Too many words dilute and blur ideas.

 

多すぎる言葉は考えを薄め、ぼやけさせる。



    




There is not an idea that cannot be expressed in 200 words. But the writer must know precisely what he wants to say. If you have nothing to say and want badly to say it, then all the words in all the dictionaries will not suffice.

 

二百語で表現できないような考えはない。しかし書き手は言いたいことを正確に知っている必要がある。もし言うべきことがなくてかつ、それが言いたくてたまらないのなら、あらゆる辞書のすべての言葉をもってしても足りないのだ。



    




It is doubtful if the oppressed ever fight for freedom. They fight for pride and power — power to oppress others. The oppressed want above all to imitate their oppressors; they want to retaliate.

 

抑圧された者たちが自由のために戦うかどうかは疑わしい。彼らはプライドと力、つまり他者を抑圧する力のために戦う。抑圧された者たちは、何より自分たちを抑圧する者の真似をしたいのである。結局のところ、彼らは復讐がしたいのだ。



    




If anybody asks me what I have accomplished, I will say all I have accomplished is that I have written a few good sentences.

 

誰かに成し遂げたことを聞かれたなら、いくらかの悪くない文を書いたことだけだと言うだろう。



    




A mass movement attracts and holds a following not because it can satisfy the desire for self-advancement, but because it can satisfy the passion for self-renunciation.

 

大衆運動は自己開発への欲求を満たすことができるからではなく、自己放棄への情熱を満たすことができるがゆえに支持者を惹きつけ、また掴むのである。



    




There is no doubt that in exchanging a self-centered for a selfless life we gain enormously in self-esteem.

 

自己中心的生活を無私の生活に換えることによって我々が強烈な自尊心を得るというのは、間違いのないところである。



    




When our individual interests and prospects do not seem worth living for, we are in desperate need for something apart from us to live for.

 

個人的な興味や見通しに生きがいが見出だせないとき我々は、そのために生きるべき我々とは別の何かを切実に求めることになるのだ。



    




<  1         

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ