「ジョージ・オーウェル」の名言

ジョージ・オーウェルの名言


ジョージ・オーウェル

Power is not a means; it is an end. One does not establish a dictatorship in order to safeguard a revolution; one makes the revolution in order to establish the dictatorship.

 

権力は手段ではなく、目的である。革命を守るために独裁政治が確立されるのではなく、独裁政治の確立のために革命が行われるのだ。



    




So much of left-wing thought is a kind of playing with fire by people who don't even know that fire is hot.

 

左翼の考えの多くは、火が熱いということすら知らない者たちの火遊びのようなものだ。



    




We are in a strange period of history in which a revolutionary has to be a patriot and a patriot has to be a revolutionary.

 

革命家が愛国者であるべきで、かつ愛国者が革命家であるべきだという奇妙な歴史の時代に、我々はいるのだ。



    




The choice before human beings, is not, as a rule , between good and evil but between two evils.

 

人類が直面する選択というのは概して、善と悪との間ではなく、二つの悪の間でのものだ。



    




Whoever tries to imagine perfection simply reveals his own emptiness.

 

完璧を想像しようとする者は誰も、自らの虚しさを明らかにするだけだ。



    




The whole idea of revenge and punishment is a childish day-dream. Properly speaking, there is no such thing as revenge. Revenge is an act which you want to commit when you are powerless and because you are powerless: as soon as the sense of impotence is removed, the desire evaporates also.

 

復讐や処罰という考えそのものは、子供じみた夢想である。正確には、復讐などというものはないのだ。復讐とは、無力であるときに、無力であるがゆえにしたい行為でなのである。だから、無力感が取り除かれればすぐに、その欲望もまた消えてなくなるのだ。



    




Governments make laws, but whether they are carried out, and how the police behave, depends on the general temper in the country.

 

政府は法律を作るが、それが実行されるか否かと警察がどう振る舞うかについては、国の全体的な風潮によるのである。



    




<  1             

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ